定休日のご案内

2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

×

  • ご挨拶
  • 営業のご案内
  • 無料送迎について
  • 知って安心慶事法事の知識
  • 料亭のお弁当 仕出し・宅配
  • 松阪牛 伊勢海老の販売・通販 料亭離宮和久庵

知って安心慶事法事の知識

結納は結婚の約束をはっきりとした形に表して、周りの人々に公表するための大切な儀式です。古くは、室町時代のころから行われてきた儀式ですが、地域によって様々な形式・方法があり、どのようにするか、お互いが事前によく相談しておくことが必要です。

結納を納める前に角樽(つのたる)とするめを用意して「たもと酒」(迎え酒)の儀式を行います。吉日を選んで、仲人または婿親が嫁方宅へ持参して行い、 口上などは特に決まっていません。

他に呉服細工の宝船、鯛、樽と高砂を納めることがあります。また、三重県中北勢部では、「迎え傘」 「迎え下駄」 と言って、晴天用と雨天用の傘・履物を贈ることが多いようです。

両家が互いの家に伺って納めます。

両家が一箇所に集まって納めます。正式には1.の方法がとられるのですが、双方の都合もあって、最近では料亭などを利用して同時交換型で行われることが増えてきているようです。

1.仲人挨拶
「この度は○○様と △△様の良縁がととのい、まことにおめでとうございます。本日は吉日でございますので、お約束の印といたしまして、結納を持参致しました。幾久しく、ご受納ください。」

2.婿方父親挨拶
「この度はお宅様のお嬢様○○様と長男との婚約には、早速のご承諾頂きまして、誠にありがとうございます。本日は心ばかりの印ですが、結納のお届けをさせていただきます。なにとぞ幾久しくご受納ください。」

3.目録、小袖料、家内喜多留料(やなぎだるりょう)を広蓋に乗せ、ふくさを掛けて渡す。

4.嫁方父親挨拶
「ご結納の品々、目録のとおり相違ございません。誠に丁寧なお言葉を賜り、ありがとうございます。なお結構な品々、又お土産も頂戴いたしまして、厚くお礼申し上げ、幾久しくお受けいたします。」

5.受書を広蓋に乗せ、ふくさを掛けて渡す。
★広蓋
相手方へ金品を贈るとき、一層丁寧に差し上げるときに
使います。受け取った側は中身だけを受け取り、ふくさ
を裏返してかけて返します。

6.「ご結納式は滞りなく、すみました。ご両人様はじめ皆様には誠におめでとうございます。」

7.結納盃・祝宴
結納の受け渡し完了後、両家の列席者全員で、両人の婚儀について賛同の意思の確認として、結納盃の儀式を行います。

お七夜
結納の受け渡し完了後生まれた日から数えて七日目のよるを 「お七夜」 と呼び、この日に命名式を行います。 正式には、奉書紙に書いたものを三方にのせて神棚にあげることになっていますが、半紙に書いた略式の命名書を床の間の鴨居に張るのでもかまいません。

お宮参り
生まれてから三十日目、または三十一日目に、はじめて氏神様にお参りする行事をお宮参りといいます。 しきたりでは婿方の祖母が赤ちゃんを抱き、母親がそれに付き添って、お参りをすることになっていますが、現在では夫婦と赤ちゃんだけでお参りをすることが増えてきているようです。 祝い着も簡略化して、ベビードレスなどで構いません。神社でお払いを受け、祝詞をあげてもらう場合、祝儀袋には 「初穂料」 「御玉串料」 と書きます。又、この日に近親者を招いて祝膳を振る舞い、出産内祝いをしても良いでしょう。

お食い初め(お箸初め)

生後百日目くらいに、赤ちゃんが一生食べ物に不自由しないように、との願いを込めて初めてお乳以外のものを食べさせる祝い事です。親族の長老か父親が介添え役となって、飯→汁→飯→魚→飯→汁の順で赤ちゃんに食べさせる真似をします。 祝い膳はお赤飯に尾頭つきの焼き魚、汁の一汁一菜が基本となっていてそれに紅白の餅五個を盛った二の膳をつけたり、歯固めのための小石や勝ち栗などを添えたりしました。又、この機会を離乳の出発点とし、成長のひとくぎりとしてもよいと思います。

お七夜
法要(法事)は、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために、忌日や命日に行う行事のことをいいます。

忌日法要
忌明けまでの四十九日間は、七日ごとに 法要が営まれます。しかし最近は、最初の忌日にあたる初七日と七七日(四十九日)の2回に省略することが多くなっています。

法要の営み方
法要の営み方は、宗教や宗派によって、また風習やしきたりによっても異なり、特に定まった方法は有りません。法要を営む場合は、年長者や家族と相談して決めましょう。

法初七日の法要
初七日は、正式には故人が亡くなった日から数えて七日目に行います。自宅または寺院に、近親者、友人、知人などを招き、僧侶に読経をお願いし、茶菓や精進料理で参列者をもてなしします。しかし、実際には、遠方から来た親族の方々などを配慮して、遺骨が火葬場から帰宅したときに、遺骨迎えの法要とあわせて初七日の経を僧侶にあげてもらい、初七日の法要を省略することもあります。

五七日(いつなぬか)までの法要
本来、初七日の後はニ七日、三七日、四七日の法要と続き、僧侶を呼び読経してもらいますが、最近では、僧侶の読経を省略し、内輪だけで法要することが多いようです。 しかし五七日(三十五日)は、 宗派によって忌明けとし、初七日と同様、僧侶、親類、知人、友人などを招いて、盛大に法要を営むこともあります。

七七日の法要
七七日は、死者の運命が決まる日といわれ、忌日のなかでも重要な日です。また、この日をもって忌明けとする場合が多く、近親者、友人、知人を招き、僧侶に読経をあげてもらい、供養のあと忌明けの宴を開きます。 納骨、埋骨もこの日に行うことが多く、大掛かりな法要となります。この日をもって 忌明けとする場合、忌明けの挨拶とともに香典返しを送ります。

百か日の法要
七七日の法要以後は、百ヵ日を迎えるまで、特に大きな法要はありません。この百ヵ日の法要も、かつては新仏になった故人への初めての供養として、僧侶、近親者、知人、友人を招いて盛大に行われたものですが、最近では、遺族だけでおまいりをしてすませることが多くなりました。百ヵ日で法要は、一周忌からの年忌法要となります。

法要一覧表

祥月命日と月忌法要
故人が死亡した同月同日を 祥月命日といい、一周忌、三回忌などの年回忌だけでなく、毎年訪れる同じ月日の命日をさします。祥月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に供物や花を供え、家族で墓まりをします。月忌法要は、毎月死亡した日と同じ日が、月忌となります。最近では月忌法要は省略されることが多くなりましたが、せめて仏壇に故人の好物などを供え、家族で供養したいものです。

一周忌
亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要が、一周忌です。一周忌は、親族、友人、知人などを招き、僧侶に読経をしてもらい、墓参り、会食して故人をしのびます。

三回忌
一周忌の翌年、つまり満二年目に行うのが三回忌です。(二回忌と呼ぶ年忌はありません)三回忌の法要は、一周忌ほどの規模ではなく、故人と特にかかわりが深かった 人たちだけで行います。

三回忌以降の法要
三回忌以降の法要は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とあり、以後は五十年目ごとに営みます。しかし、すべての法要を行うことはなく、十三回忌や三十三回忌、あるいは五十回忌などで、年忌法要を切り上げることが多いようです。この最終年忌を「訪いきり」(おとないきり)、「弔いあげ」(とむらいあげ)、あるいは「祭り終い」といい、仏壇に納めてあった位牌を、寺に納めたりします。

新盆とは
故人の死亡後、初めて迎える盆のことで、仏壇の前に精霊棚を設け、供物を飾り、故人の生前の好物なども供えます。

墓参りから供養まで
盆の最初の日(一般には7月13日、旧暦では8月13日)に墓参りをし、墓地を清め、供物をしてお参りします。墓参りには、僧侶や近親者、知人や友人が参列しますが、墓が遠いなどの場合は、日を改めて自宅に招いて法要し、故人をしのびます。

迎え火と送り火
墓でたいた送り火は、ちょうちんで家に持ち帰り、仏壇の灯明、盆ちょうちんにともし霊を迎え入れます。この迎え火は盆の期間中絶やさないようにします。また、盆の最後の日(一般には7月15日、旧暦では8月15日)には送り火をたき、霊を送り出して新盆の供養を終わります。

法要の施主
【誰が施主を務めるか】
法要の施主は、故人に一番近い人、つまり夫の法要は妻が、親の法要は長男かそれに準ずる人が、子の法要は親が務めます。

法要の日取り
【招く範囲・目的】
法要に招く人の範囲に基準はありません。また、大きな法要を営めばいいというものでもありません。法要の目的は、縁のある人たちが故人を心からしのぶことです。けっして無理をせず、本来の目的にかなった法要を営むことが第一です。

法要の連絡
【一般には口頭や電話で】
大がかりな法要の場合は、案内状を印刷しますが、近親者、故人と特に関わりの深かった友人、知人の方々だけの法要であれば、連絡は電話や口頭で構いません。

施主の服装
【喪服が無難】
施主の服装は、三回忌までは正式喪服か、それに準ずる服装をしたほうがよいでしょう。参列者よりも軽い服装をすることは失礼になります。

供養後の準備
【精進料理でなくてもよい】
供養した後は、宴席を設けるのが普通です。寺の一室や料亭を借りて行いますが、自宅で法要という場合は、別室で接待ということになります。法要の料理といえば、精進料理でしたが、現在はあまりこだわりません。

【案内状には、ぜひ出席をの表現】
法要の案内状は、施主側の「ぜひ、ご出席を」という気持ちの表現です。やむをえない場合を除き必ず出席し、また出席することが故人への最大の供養になります。

法要に招かれたら
【出欠の返事はできるだけ早く】
法要の案内状が届いたら、施主側には宴席や記念品の手配などの都合があるので、できるだけ早く出欠の返事をするのが礼儀です。

【案内状には、ぜひ出席をの表現】
法要の案内状は、施主側の「ぜひ、ご出席を」という気持ちの表現です。やむをえない場合を除き必ず出席し、また出席することが故人への最大の供養になります。